はじめに

世の中には沢山のデザイナーがいますが、優秀なデザイナーとそうではないデザイナーがいるのが事実です。


優秀なデザイナーはクライアントや見込み顧客から引く手数多で仕事が途絶える事はありませんが、そうでないデザイナーは日々の生活にすら困窮するリスクを持っています。


今回はこの違いを紐解くために『経営者がお抱えデザイナーにしたくなる、デキるグラフィックデザイナーの5つの特徴とは?』というテーマでお伝えします。


「単発の案件しか取れず、契約が長続きしない」、「どうしたらデザイナーとして活躍できるのだろう」、「クライアントから思ったような評価をもらえない」とお悩みの方は、ぜひお読みください。

優秀なグラフィックデザイナーの特徴とは?

まず、質問です。
デキるグラフィックデザイナーはどんな特徴を持っていると思いますか?

・デザイン知識(デザイン理論)

・デザインソフトを使いこなす技術

・デザインセンス(美的センス、インスピレーションなど)



確かに上記はとても大切ですし、デザイナーとして必須の要素といえます。
どんなに忙しくてもこれらのスキルアップをしていくべきですし、クライアントからの信頼獲得には欠かせないと思います。


しかし、実はこれらの要素だけでは、経営者にお抱えにしたいと思ってもらうには不十分です。


では、何が必要なのか?


デキるグラフィックデザイナーになるためには、デザインの能力に加え、人としてステキである必要があります。外見だけではなく、内面、つまり、目に見えないところにこそ、経営者にとっての本当の価値があるのです。



ここから5つの特徴を1つ1つご紹介していきます。
あなたご自身の日常の振る舞いを思い出しながら、読んでみてくださいね。

特徴1:自分では気づかないことを気づかせてくれる

ダメなデザイナーはクライアントの要望をそのまま受け入れます。クライアントの意向を重視します、と聞こえは良いですが、悪く言えば、下請け業者です。


例えば、チラシを作って欲しいと依頼された場合、「どんなチラシがいいですか?」と聞きます。そして、クライアントから聞き出した要望をそのまま形にしていきます。


デザインのプロであるにもかかわらず、素人のクライアントの話に従うという残念な関係性です。


一方、デキるデザイナーはクライアントの要望を鵜呑みにせず、前提を疑います。


上記の例だと、最初からチラシの作り方に関わる質問をするのではなく、「他の販促物ではなく、なぜチラシを作りたいのか」、「チラシを作ることで達成したい目標は何か」というところからヒアリングをスタートさせます。



実はこのような質問に即答できるクライアントは多くありません。デザイナーに仕事の依頼をしたものの、本当に欲しいものが何なのか、クライアントご自身がわかっていないこともあるのです。


デキるデザイナーはヒアリングを通じ、クライアントの真の要望を明らかにしていくことができます。デザイナーの質問に答えていく中でクライアントは本当に欲しい販促物(チラシ or その他)や達成したいことに気づいていくのです。


新たな気付きや発見があると、また、話を引き出してもらいたいという欲求がクライアントの中で生まれます。
そして、何度も繰り返していく中でクライアントからデザイナーに対する信頼度が高まっていくのです。

特徴2:頭の中を一通り整理してくれる

グラフィックデザイナーのクライアントは経営者の方が多いです。


経営者はデザインのことだけではなく、会社業績、社員の育成、日々の資金繰り等、たくさんのことを考えなければなりません。日々、じっくり考える時間が取れず、膨大な情報が頭の中に混在している状態で私たちに向き合っています。


さらに経営者は孤独な存在です。



何か相談したくても、周りの社員には相談できない、家族にも相談できない、悩みを抱えやすい存在なのです。

デザイナーへの依頼の中にクライアントのお悩みを聞くということは含まれていないことがほとんどかと思います。


しかし、私たちは仕事を進めていく中でクライアントのお話を聞く場面が多々あります。デザインに関係のない話題が出てきてもおかしくはありません。




そんな時、仕事に関係のない内容だからと言って切り捨てるのではなく、真摯にお話を聞いてあげてください。


私たちが耳を傾けることでクライアントの頭の中でスパゲッティーのように絡み合っていた様々な事項が徐々に紐解け、クライアントの頭の中が自然と整理されていきます。


結果、私たちは単なるデザイナーではなく、経営者のパートナー・壁打ち相手として期待されるようになるのです。


特徴3:やる気を起こさせてくれる

経営者は起業する前から自身のビジネスに対し、熱い想いを持っていることが多いです。


言葉でしか伝えることができなかったクライアントの想いやサービスをデザインの力を使って見えるようにすることがグラフィックデザイナーの仕事の1つです。デザイナーが作成する販促物は、いわばクライアントの分身と言っても良いでしょう。

お客様に出会って、新しい名刺を配りたい!

新しいチラシを使って、販促したい!

新しいリーフレットを色んな人に見てもらいたい!

など、


販促物を作るだけでなく、制作活動を通じ、クライアントのやる気を高める事ができます。単純に物を作ればクライアントのやる気が満たされるという訳ではありません。販促物を作る過程でクライアントの想いを言語化し、何度も議論を重ね、具体的なデザインに落とし込んでいく事が必要です。


つまり、デザイナーが一方的に作成するのではなく、クライアントと協働していくプロセスが非常に大切です。


デキるデザイナーは上手くクライアントを巻き込み、信頼関係を構築していくからこそ、クライアントもやる気を高めることができるのです。

特徴4:イメージ通り(以上)に仕上げてくれる


クライアントの要望に反しない成果物を作るということがデザイナーの1つの役割ではあります。でも、言われたことをそのまま形にするだけでは、デキるデザイナーにはなれません。


そもそも、クライアントはデザインのプロではありません。


自分でこうしたいという想いはある一方、本当にこれでいいのだろうかという悩みを常に持っています。
その悩みに対し、デザインのプロである私たちグラフィックデザイナーの観点も織り込み、制作することによって、イメージ以上の成果物を作ることができます。いくら相手の役職や経歴が凄かったとしても、グラフィックデザインの世界での経験はあなたの方が持っています。


クライアントの意見も聞きつつ、プロとして物怖じせず、提案していくことが大切です。


一方、ダメなデザイナーはクライアントの意向を反映せず、自身のエゴに走ってしまう傾向があります。どんなにキレイな成果物を作ったとしても、クライアントの期待から大きく外れたものであれば、喜んでいただくのは難しいです。


そのため、クライアントとの認識のズレが発生しないよう、制作の途中途中で認識のすり合わせ、可能であれば、口頭ではなく、目に見えるものを用いることがポイントです。


特徴5:成果を出させてくれる


デキるグラフィックデザイナーは常にクライアントの望む成果を意識しています。例えば、販促物の制作案件であれば、キレイなチラシやリーフレットを作っておしまいという訳ではなく、それを活用いただいて売上をアップさせるという成果まで意識しています。


単なる制作だけではなく、将来の成果のことまで考えるのは大変です。


ただし、依頼をすれば成果に繋げるデザイナーというイメージを作れれば、クライアントからの相談が止むことはないでしょう。制作案件のみならず、クライアント企業の販促企画への助言や関係会社への紹介などにも発展するかもしれません。


デザイナーとしての活動の幅を広げるためには単なる製作者の域を超えていく必要があるのです。

まとめ

経営者がお抱えデザイナーにしたくなる、デキるグラフィックデザイナーの5つの特徴は以下のとおりです。
デザインのスキルはもちろんのこと、人間としての魅力を磨いていく必要があります。

  • 自分では気づかないことを気づかせてくれる
  • 頭の中を一通り整理してくれる
  • やる気を起こさせてくれる
  • イメージ通り(以上)に仕上げてくれる
  • 成果を出させてくれる



このような特徴を満たすのは難しいと感じていらっしゃる方もいるかも知れません。


確かに一朝一夕で身につくものではありませんが、人間としての魅力を磨いていけば、いつの間にかデキるグラフィックデザイナーに近づいていくことができます。


ぜひ、デザインのスキル以外のことにも目を向け、外面、内面ともにステキな人材になっていってください。

稼いでいるグラフィックデザイナーの共通点は「売れる文章が書ける」ということ。

キレイなデザイン、カッコ良いデザイン、可愛いデザイン。
そんなの素人でも作れる時代ですよね。

フリーランスのグラフィックデザイナーが生き残るには、
「販売に繋がるデザイン」ができることが必須です。

「販売に繋がるデザイン」の本質は
「売れる文章」を書けるようになり、
その文章に合った世界観のデザインを施すということ。

あなたはどうでしょう?

もしあなたが、
「デザイン単価を上げたいけど、
どうやって付加価値を付けたら良いかわからない
とお悩みでしたら、こちらをご覧くださいね!

たった3000円で、デザイン単価アップの秘訣がマルッとわかっちゃいます!
↓↓↓↓↓
https://bit.ly/2sNGQCt