デキるデザイナーの仕事の取り方と働き方

グラフィックデザイナーの仕事の取り方と営業の仕方の3つのポイントとは?

デキるデザイナーの仕事の取り方と働き方

はじめに

今回は『グラフィックデザイナーの仕事の取り方、営業の仕方』というテーマでお伝えします。
[br num=”1″] 「営業・セールスが上手くいかない」、「人前で話すのが苦手」、「仕事内容や作業量にムラがある」、とお悩みの方、またはグラフィックデザイナーとして独立したいけど、営業の仕方がわからない」という方は、ぜひお読みください。
[br num=”1″]

営業のやり方がわからないのは当然。でも…

突然ですが、あなたは会社員時代に営業・セールスを経験したことはありますか?
[br num=”1″] おそらく、デザイン会社に所属し、サラリーマンデザイナーとして働いていた方であれば、営業・セールスの経験がない、という方がほとんどなのではないかと思います。
[br num=”1″] なぜなら、企業に所属するデザイナーである限り、営業・セールスを担当する必要は少なく、どのようにクライアントに喜んでいただける作品を作っていくか、が求められる役割だからです。
[br num=”1″] でも、デザイナーとしての独立を考えた場合、事情が変わってきます。
[br num=”1″] 勤め人時代のように誰かが仕事を取ってきてくれる訳ではありません。
デザイナーとして活躍するためには、デザインの技術だけではなく、営業・セールスの力を身に着けておく必要があるのです。[br num=”1″] 言い換えると、たとえ高度なデザイン技術を持っていたとしても、自分のお客様や案件を自分(または周囲の力を借り)で獲得する力がなければ、稼げるデザイナーにはなるのは難しいです。[br num=”1″] つまり、デザインの実力≠稼ぐ力ということなのです。[br num=”1″] 事実、稼ぐどころか、むしろ日常生活すらままならないデザイナーもいらっしゃいます。[br num=”1″] デザイナーとして活躍するために独立を志したものの、思うように仕事を取ることができず、営業活動に疲れ果て、デザイナーとしての夢を諦めてしまう。
あなたにはそんな風になってほしくありません。[br num=”1″]

デザインの技術だけではなく、デザイナーの仕事の取り方を正しく理解し、十分な人脈やコネを持ってからの独立をオススメします。[br num=”1″] 既に独立されている方も今からでも遅くはありません。デザイナーの仕事の取り方を学び、案件獲得に繋げていってくださいね。[br num=”1″]

グラフィックデザイナーにオススメな仕事の取り方とは?

ここからが本題です。
グラフィックデザイナーにオススメな仕事の取り方をお伝えします。[br num=”1″] それは「高額なビジネス塾」に通うことです。
他の参加者との信頼関係を構築していくことで40万円~50万円の案件を取ることができる可能性が高まります。[br num=”1″] なぜなら、「高額なビジネス塾」では意識の高い良質な経営者と出会える可能性が高いからです。[br num=”1″] 良質な経営者は自社のビジネスを拡大させていきたいという強い想いを持っています。
そして、自社の目標達成に向け、販売促進施策の強化の必要性を理解しているため、LP、チラシ、名刺、リーフレット、HPなど、デザインが必要な販促物を作りたいというニーズを持っています。[br num=”1″]

このような良質な経営者と繋がることができれば、安定的に良い仕事を取りやすくなります。
ここでポイントになってくるのが、単発講座ではなく、塾(連続講座)という点です。[br num=”1″] 単発講座の場合、経営者と出会ったとしても、その後に会う機会がないため、一期一会の関係になってしまう可能性があります。

一方、連続の塾であれば、定期的に経営者と会うことができるため、彼らを見込み顧客に変えていくことができるのです。[br num=”1″] 講座の中で何度もお会いしていくため、自然とお互いの信頼関係が構築されていきます。
その中であなたのグラフィックデザイナーとしての魅力をお伝えしていけば、案件を依頼される可能性が高くなります。[br num=”1″] 相手のビジネスの規模や内容にもよりますが、新規事業を行おうとしている会社の経営者と出会えれば、数百万円単位の案件を獲得することも夢ではありません。

そのため、参加費を簡単に回収し、それ以上のリターンを得るチャンスも十分にあります。[br num=”1″]

「高額なビジネス塾」に通うことは、仕事を取るための1つのやり方に過ぎません。
ただし、強引な売り込みをせず、関係性を構築するだけで案件獲得に繋がる可能性が高いので、ぜひ試してみてくださいね。[br num=”1″]

案件獲得に繋がりやすい経営者とは?

案件獲得に繋がりやすい経営者とは?

ここからは「高額なビジネス塾」に通う経営者のうち、常にデザイン案件を持っていそうな4業種をご紹介します。

マーケティングコンサルタント

1番のオススメはマーケティングコンサルタントです。

マーケティングコンサルタントとは販促施策や広告戦略の見直し・改善、マーケティング戦略の立案など、企業の経営者向けにマーケティングに関する助言を行っており、常にクライアント企業の売上アップに繋がる施策を考えています。[br num=”1″] しかし、彼らの仕事はクライアントへの助言が中心であり、自身で販促物を作るケースはそこまで多くありません。[br num=”1″] 販促物が必要になった場合に依頼できるデザイナーを常に探しているため、彼らと繋がることで継続的に案件獲得の機会を得る事ができます。
特に彼らは経営者の意思決定を支える立場で仕事をしているため、案件が消滅し辛いというのもポイントです。[br num=”1″]

セールスコピーライター

2番目はセールスコピーライターです。

セールスコピーライターの主な仕事は「クライアントの売上や集客アップに繋がる文章を書くこと」です。
具体的にはLP、チラシ、HP、メルマガなどの販促物の文章を書くことが多いです。[br num=”1″] 彼らはデザインの専門家ではありません。
デザイン抜きでは期待通りの効果を発揮できないため、彼らは常に良いデザイナーを探しています。[br num=”1″] そのため、セールスコピーライターが文章を書き、グラフィックデザイナーがそれを活かすデザインを制作するという分業体制を結ぶことができれば、継続的に案件を獲得することができます。[br num=”1″]

ビジネスオーナー

3番目は飲食店、整体院など、複数の店舗を経営しているビジネスオーナーです。


このようなビジネスオーナーは定期的にチラシや割引クーポンなどの販促施策の実施を考えています。
1つの店舗だけではなく、複数の店舗を経営している訳ですから、ほぼ1年中、販促施策のことを考えています。[br num=”1″] このような方と繋がることで定期的にデザイン作成の依頼が入り、仕事が安定する可能性が高いです。

広告代理店

最後は広告代理店です。
[br num=”1″] 広告代理店は常に広告案件を持っています。[br num=”1″] 自社の中にクリエイティブ部門やお抱えのデザイナーがいるため、すぐに仕事を紹介してもらうことは難しいかもしれませんが、信頼関係を強化しておくことで案件を紹介してもらえるかもしれません。

[br num=”1″]上記のような経営者の方々と知り合えた場合は、お互いの信頼関係を強めつつ、自身のデザイナーとしての実力や実績をアピールしていってくださいね。

信頼構築にあたっての心構え

実は「高額なビジネス塾」で狙うべき層はまだあります。[br num=”1″]

それは講座の主催者や強い発言力を持つ参加者などのハブ人材です。
彼らは多くの人と繋がっており、周囲に与える影響力も強いです。[br num=”1″] そのため、ハブ人材と仲良くなることで、ハブ人材だけではなく、その先にいる経営者の方々から継続的に案件を紹介してもらえるようになります。[br num=”1″]

そのときに大切な心構えは場への貢献です。
例えば、塾の主催者であれば、塾が盛り上がること、塾生が成果を出すことを強く望んでいます。

そのため、まずは案件獲得に注力するのではなく、塾の宿題をしっかりやり切る、懇親会やその他のイベントには極力参加する、ビジネスで成果を出したらすぐに報告するなど、主催者の方が喜ぶことを行い、信頼を獲得していきましょう。[br num=”1″]

その後、あなたがデザイナーであること、そしてデザイナーとしてできることをお伝えしていけば、デザイン関係で困った際にあなたに声がかかる可能性が高くなります。[br num=”1″]

注意:常にデザインのプロとして振る舞いましょう

相手が経営者だからといって、下請け業者のように接するのは絶対にやめましょう。[br num=”1″]

あなたはプロのグラフィックデザイナーです。

いくら相手の役職や経歴が凄かったとしても、グラフィックデザインの世界での経験はあなたの方が持っています。
相手に媚びる必要はないので、あなたの専門性をアピールし続けましょう。[br num=”1″]

下請け業者と一流のプロにお金を払うのであれば、支払額は当然、変わってきますよね。
あなたがプロとして自信をもって振る舞うことで相手の方は安心できますし、あなたが請求できる金額も変わってきます。[br num=”1″]

まとめ

ここまでをまとめると、グラフィックデザイナーとして仕事を取るための効果的な営業の仕方は、[br num=”1″]

高額なビジネス塾に通う
信頼関係を構築しつつ、デザイナーとしての魅力を伝える
案件を回しながら、信頼関係をさらに強化していく

という手順になります。信頼関係を構築していく際は、常にデザインのプロとして振る舞うことがポイントです。
営業・セールスの経験がない方でも実践できる方法なので、ぜひ試してみてください。
[br num=”1″]

The following two tabs change content below.
アバター

奈良 みつのり

1984年生まれ。自社の魅力をうまく伝えられない企業向けに販売サイトや販促物の執筆・添削など、集客や売上アップの支援を行う。『景品表示法・薬機法などの規制を守りながら、売れる文章を生み出す』ことが得意。
デキるデザイナーの仕事の取り方と働き方
最新情報をチェックしよう!